NEWS お知らせ

プレスリリース

2022/03/23

【岩手県で初導入】 管理会社と入居者の負担を軽減する入居者アプリtotono(トトノ) 不動産テックを推進する株式会社アート不動産にて導入開始

画像1

〜アプリを活用した入居者対応の効率化を実現し、入居者満足度の向上に貢献〜

賃貸不動産マーケットに対してテクノロジーを活用したサービスを提供する株式会社スマサポ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小田慎三 以下 スマサポ)は、岩手県盛岡市にてアパート賃貸・不動産売買・住宅に関する総合サービス事業を展開している株式会社アート不動産(本社:岩手県盛岡市、代表取締役社長 櫻井 大介)に、住まいのサポートアプリ「totono(トトノ)」を導入し、運用を開始致しました。


〈株式会社アート不動産 ご担当者様からのコメント〉

・導入の背景
以前より弊社では入居者とやり取りを行えるチャット形式のアプリを導入していたが、同じような内容の問い合わせが来た際に、定型文を作っておくことができず、そのたびに一から返信を入力する必要があった。また入居時の不具合や汚損・破損個所の写真をアプリから送信してもらっていたが、1枚ずつの送信しか行えず、こちらのダウンロードも1枚ずつしか行えず、多量の写真が送られてきた際には処理に苦労していた。
そんな中新しく導入できそうなアプリはないかと思い、調べていた際にスマサポ様の提供する、「totono」に出会い、直感的に非常に魅力的に感じ、資料請求をさせていただいた。

・スマサポをお選び頂いた理由
弊社で導入している基幹システムと連携ができるという点と、FAQによる入居者自身での自己解決を促せる点に非常に魅力を感じた。以前導入していたアプリでは新規登録の際、1件1件登録情報を入力する必要があり、非常に手間がかかっていた。「totono」では基幹システムと連動しているため、申込時の情報から相違がなければ、スムーズに登録が可能な点が利用者や管理会社の側双方にメリットだと感じた。

・今後totonoに期待すること
Q&Aを参照していただくことで、入居者自身の自己解決を促したいということと、現段階では利用者側からメッセージが来たことに気がつく方法が管理画面を見なければ把握できないので、メール等で通知が来るシステムになれば、ほかの業務に専念していても、メッセージの受信に気づき対応することができるようになればと思います。

画像2

■totonoとは?
住まいのサポートアプリ「totono」は、賃貸物件にお住いの入居者と物件の管理会社を繋ぐスマートフォンアプリケーションです。入居者はこれまで管理会社とのやりとりは電話や書類手続といった手段に限られていましたが、totonoを利用することでアプリ内から契約内容が確認でき、管理会社への問い合わせや各種申請もアプリ内で行うことが可能になります。また、管理会社にとっては情報の一元管理や電話対応の抑制、ペーパーレスに繋がり、入居者満足度向上と業務効率化を同時に実現します。

■株式会社スマサポについて
スマサポは「SMARTな暮らしをSUPPORTする」をテーマに、不動産資産価値の向上や入居者メリットの拡大、業務効率化といったテーマに対し、既存商品・サービスを更に深堀する新しいビジネスモデルの構築や、ITを活用した新しいサービスを生み出し、不動産管理会社や不動産仲介業者を通じてより多くの入居者に新しい価値を届けます。

名称 :株式会社スマサポ
本社所在地 :東京都中央区日本橋3-6-2日本橋フロント1F
代表者 :代表取締役CEO 小田慎三
設立年月 :2012年4月
資本金 :2億75百万円(資本準備金含む)
ウェブサイト :https://www.sumasapo.co.jp/
事業内容 :住まいやくらしに関するライフサポートサービスの提供と不動産プラットフォームの開発

お知らせ一覧